ネズミ駆除をして病気の元を遠ざける

ネズミがもたらす被害はどれほどのもの?

ネズミ駆除後の消毒の必要性~恐ろしい病気にならないために~

ネズミは体中に多くの病原菌を持っています。また体にはノミやダニが寄生しており、大変不潔です。住宅に侵入してきたネズミは、このノミやダニを家中にばらまきます。また糞尿も所構わずするので咬まれる咬まれない問わず、ネズミが存在するだけで健康被害を受ける可能性が高くなるのです。

ネズミ駆除をしないと発生する健康被害

糞尿から感染する病気

レプストスピラ症
ネズミの糞には多くの病原菌が含まれています。レプストピラ菌と呼ばれる病原菌は、水中で繁殖し続けます。この菌に感染すると、レプストスピラ症にかかるのです。このレプストスピラ症の症状は高熱や筋肉痛などが挙げられます。
サルモネラ症
ネズミの糞や尿にはサルモネラ菌が大量に含まれています。このサルモネラ菌が人の体に入り込んでしまうと、サルモネラ症を引き起こすのです。症状は下痢や高熱などが挙げられます。これは体が弱った高齢者が発症してしまうと、症状が重くなる可能性があります。

寄生虫から感染する病気

ツツガムシ病
ツツガムシ病は、ツツガムシが寄生した後に発症する病気です。ネズミに寄生していることがあるため、ネズミを通して人に寄生する危険もあります。ツツガムシ病になると、1週間~2週間程高熱に悩まされます。また頭痛や腰痛も引き起こすので、辛い日々を過ごすことになるでしょう。このツツガムシ病になり、死亡したというケースもあるので気をつけたい所です。
刺咬症(しこうしょう)
イエダニによって感染する病気が刺咬症です。イエダニは基本的に、ネズミの住処で繁殖しネズミを宿主としています。しかしそのネズミが死に、他のネズミが見つからないと、人間を宿主とするために移動を開始します。ネズミ駆除業者であれば、消毒でイエダニの対策もしてくれるので安心です。

まとめ

屋根裏

ネズミ駆除を行なうのは大切なことです。ネズミさえ家の中からいなくなれば、多くの問題が解決するでしょう。しかしネズミ駆除だけで満足してはいけません。理由は、ネズミが持ってきた病原菌がまだ家の中に残っているからです。この病原菌までしっかりと退治する必要があります。ネズミ駆除業者によっては、この病原菌を消毒して退治してくれます。高齢の人では消毒することが難しい屋根裏の消毒も完璧に行ってくれます。ネズミ駆除も大切ですが、イタチがいることもあるので、ネズミとイタチがいるかどうかの調査をしてもらいましょう。

TOPボタン