イタチ駆除を行ない不衛生な環境を改善しよう

ネズミがもたらす被害はどれほどのもの?

西日本ではイタチ被害が急増~イタチ駆除後も消毒は大事~

イタチは人の家に侵入すると、大抵屋根裏部屋へ行きます。屋根裏部屋で巣を作り、糞尿をして不衛生な環境を作り出すので厄介です。ここではイタチ駆除の作業手順を紹介していきます。

イタチ駆除の作業手順

侵入経路を塞ぐ

イタチは小さな穴や隙間からでも侵入してきます。近年は都市部の住宅にもイタチが侵入してくるというケースが増えてきているので注意しましょう。イタチを侵入させないためにも侵入口を、目の細かい金属製のネットで塞ぐなどの対策をとる必要があります。

排泄物の清掃

イタチは自分の巣の近くに糞尿をする習性があります。ですから一度イタチに住まわれてしまうと、大量の糞尿によって天井裏が酷いことになるのです。イタチは縄張り意識が強いので、一度家から追い払ったとしても、糞尿をした場所にまた戻ってくることがあります。再びイタチが戻ってこないようにするためにも、糞尿を片付け消毒をしてきれいにしておく必要があるでしょう。

消毒

イタチが住み着いた場所は、糞尿によって不衛生な場所になります。ですからイタチ駆除後は一度消毒、消臭をするべきです。糞には大量の病原菌が潜んでいるので、消毒をしておかなければ大きな健康被害を招くことになりかねません。

補修

イタチは屋根裏部屋を好み住み着く傾向があります。屋根で生活して行く上で、大量の糞尿をするので、屋根の板が腐食して脆くなるのです。そうなった場合は補修が必要となることがあります。また侵入してくる際に、壁や屋根の一部を破壊することがあるので、破壊された部分は必然的に補修が必要となるのです。

イタチ駆除の消毒が重要

イタチは夜行性で夜中に活動します。人が寝静まった時間帯から行動するので、人が起きていないことをいいことに、家のあちこちを自由に移動するのです。イタチが通る場所はすべて不潔な場所となります。理由としてはイタチの足の裏には、糞尿が付着している可能性があるだけではなく、体には沢山の病原菌を持っているからです。イタチ駆除後は、健康被害を避けるためにも必ず消毒をしておくことが重要なポイントとなるので覚えておきましょう。

TOPボタン